時代扮装魂。 > 扮装処案内

もくじ


映画村でできる扮装の値段です。

8500円

11000円

11000円(散策不可のもの)

  • 束帯

永らく扮装をすることは出来なかったが、
運営会社の独立により方針転換。
2005年から扮装することが出来るようになりました。


扮装について

メイク
一部(殿・姫)を除いて基本的にメイク&かつらなし。
2000円追加でかつら&メイクありだが、メイクは簡単にするのみ。
かつら
演劇用の簡易なもの。
月代(さかやき)の継ぎ目が若干見えてしまうのが残念。
衣装
スタッフが着る様な「衣装」。着心地自体は悪くはない。
冬季は中に防寒の下着を着せてくれるが、
関東平野北端なのでかなり寒い。個人でも寒さ対策は万全に!

扮装の所要時間
扮装前と後、着替えなどにそれぞれ30分程度必要です。
スタッフの人数が少ないので所要時間は前後する場合があります。
今の所、扮装姿での時間制限なし。16:30まで扮装姿でいられます。
予約について
空いていれば予約なしでも出来ますが、基本的には予約必須。
予約時に希望扮装を聞かれるので事前に調査を。
予約時に身長・足のサイズを聞かれますので出来れば答えられるようにすると吉。
(わからなくても可能)

扮装の料金(男物のみ)
殿様(かつらあり):9800円
新撰組・岡引:6500円(かつらは+2000円)
・浪人:5000円(かつらは+2000円)
町人:3500円(かつらは+2000円)

日光江戸村

〒321-2524 栃木県日光市柄倉470-2 tel:0288-77-1777


本格的な時代劇扮装といったらまずここ。

扮装について

メイク
ドーラン等の化粧品を使った本格的なもので、眉&アイラインなどもきちんと書いてくれます。
かつら
映画用の本格的なもの。月代(さかやき)部分はちゃんと消してくれます。
衣装
映画などで使われているものとほぼ同仕様。「衣装」なので素材などは化繊等ですが、
それほど安っぽく感じることはありません。
扮装の所要時間
メイク・着替え・写真撮影に合計約1時間、村内散策に1時間、メイク落としなどに約30分、
その他もろもろ余裕を持つと合計3時間程度は必要です。
予約について
空いていれば予約なしでも出来ますが、週末などは予約必須。
開村時間を考えると午後2時(冬季は1時台ぐらいまで)ぐらいまでの予約がオススメ。
会計時に次回用の割引券(1000円引き)がもらえます。
予約時間より10〜15分程度早めに行くと幸せ。
扮装の値段(男物のみ)
奉行・殿・銭形平次・股旅姿・水戸黄門・助さん・格さん・
遊び人金さん・丹下左膳・旗本退屈男・新撰組隊長・
近藤勇・土方歳三・柳生十兵衛松平長七郎義経
→11000円

束帯→11000円(ただし、村内散策不可)

浪人・め組火消し・同心・新撰組隊士・
沖田総司・弁慶・鞍馬天狗・忍者・鼠小僧
→8500円

東映太秦映画村

〒616-8586 京都市右京区太秦東蜂ヶ岡町10 tel:075-864-7716